童貞掲示板 口コミ 評判

童貞・筆おろし募集掲示板『ハッピーメール』の口コミ【評判まとめ】

童貞・筆おろし募集掲示板『ハッピーメール』の口コミや評判をまとめて紹介しています。

 

童貞・筆おろし募集掲示板『ハッピーメール』の口コミ【評判まとめ】

 


ハッピーメールを試してみる(18禁) >>

 

ハッピーメールの掲示板は有名な出会い系の掲示板となっています。
そのため多くの方がハッピーメールを利用しており、日々出会いを楽しんでいます。
そしてその中には確実に童貞・筆おろしを実現している方もいます。

 

では、ハッピーメールの掲示板を利用した男性がどのように童貞・筆おろしをしているのか、
その口コミが下記になります。

 

掲示板で女性を募集すれば食いつきがすごいことがわかる

 

童貞であることを掲示板などにのせることは恥ずかしいと考えている男性も多いようです。
ですが、童貞であることはある意味特権でもあるといえます。
事実、ハッピーメールの掲示板を利用して童貞であることを掲載していると、
確実に女性の方からアプローチがあります。
通常、女性が掲示板に掲載し、その内容をチェックして男性からアプローチするのが一般的ですが、
童貞男性の場合は女性の方からアプローチがあります。
このように童貞であるということはある意味特権でもあると考えるべきです。
童貞男性は女性をリードする必要がなく、女性からリードされれば十分関係を楽しめるはずです。
もちろん、女性にリードされるのは童貞のときだけでありそれ以降は男性らしくリードしても構いません。
ただ、リードされることを覚えてしまうと、
その後もリードされる関係が心地よいように感じてしまうかもしれません。

 

童貞好きな女性は上から目線である

 

ハッピーメールを利用している女性で童貞狙いの女性はたいてい上から目線でやり取りしてきます。
上から目線であることから自分が優位に立ちたいという気持ちが前面に出ています。
そのためある程度女性に任せておけばスムーズにやり取りができることは間違いありません。

 

童貞であることを隠す必要はない

 

ハッピーメール内で童貞であることを隠す必要は一切ありません。
隠した上でやり取りした後、会えたとしてもその後関係がスムーズに行かないことも多々あります。
それよりも事前に童貞であることを告げることで女性との関係性を構築していく方が
その後の関係継続においてもベストといえます。
ハッピーメールを利用している女性は童貞である男性を大切にしてくれます。
大切にしてくれるというメリットを十分活かすためにも最初から童貞であることを告げるべきです。
童貞であるというメリットを活かすことができれば、
確実に女性とエッチすることができ童貞を卒業できます。

 


ハッピーメールを試してみる(18禁) >>

 

・TOP ランキングへ戻る >>童貞卒業したい人募集【出会い系等の口コミを元にランキングを作りました】※開示

 

 

 

ハッピーメールで童貞男性との出会いは本番なし?

 

私が使っていたサイトは、ハッピーメールでした。

 

面白半分でハッピーメールを見てみると、「必ず満足させます」など売り文句がついています。

 

その中に「童貞です」という20代の男の子がいたのでからかうつもりでメッセージを送りました。

 

大学生で彼女が出来た経験もなく、早く童貞を卒業したいという人でした。

 

一度、風俗で童貞を卒業しようとしたらしいのですが、
風俗嬢に「AVの見過ぎじゃない?」と怒られたそうなんです。

 

何をしたのか聞いてみると、結構ハードなAVの真似をしたらしくそれは風俗嬢だって嫌がるはずと納得でした。

 

彼とメッセージのやり取りをしているうちに違う男の子からアプローチされたんです。

 

本番なしでいいので、タダで会いませんか?という内容でした。
じゃあ何をするんだろう?とは思いましたが会って見る事にしました。

 

仕事が終わった後でラブホテル街の近くの喫茶店で待ち合わせして会うと、実際の年齢より若く見える男の子でした。
20才というけれど高校生みたいな風貌でした。

 

怖いので年齢確認だけすると、すぐにホテルに行きました。

 

彼は部屋に入るなり服を脱ぎだしてベットの上に。
「本番なしじゃないの?」と聞くと
「オナニーの見せあいしましょう」ともうペニスをいじっています。

 

私が服を脱いでいる間に彼はイキました。
見せあいっこが興奮するそうで、私が一度イク間に三回もイッていました。
【20代・女・アルバイト】

 


ハッピーメールを試してみる(18禁) >>

 

・TOP ランキングへ戻る >>童貞卒業したい人募集【出会い系等の口コミを元にランキングを作りました】※開示